【CeBIT2004】ソニー『クリエ』をカーナビに

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【CeBIT2004】ソニー『クリエ』をカーナビに
【CeBIT2004】ソニー『クリエ』をカーナビに 全 2 枚 拡大写真
ドイツのハノーバーで、18日から24日まで開催された国際見本市CeBITにおいて、ソニーは、Palmマシン『クリエ』をGPSカーナビとして使用する展示を行った。同社は、クリエをカーナビとして使用するための専用クレイドル『PEGA-CC5』もあわせて展示した。

欧米では、カーナビは徐々に普及しつつあるものの、まだまだ高級品という印象が強い。そこで、PalmマシンなどのPDAにカーナビソフトを搭載したものが普及版として販売されている。

アメリカのカーナビメーカー、ガーミン社は、Palm OS5を搭載したPDA型のGPSカーナビ『iQue 3600』を展示していた。米国では同製品は589.27ドル(6万3000円)で販売されている。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲングループのCDO (Chief Digital Officer)であるヨハン・ユンクビルト氏
  • e.GO Life
  • フォルクスワーゲンのブース(CEBIT 2018)
  • ZFとDFKI(ドイツ人工知能研究センター)が共同開発したAI導入で理想的な工場生産性を実現するインダストリー4.0システム「BaSys 4.0」
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ