ホンダ・フィットがマイナーチェンジ、5MT登場

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ・フィットがマイナーチェンジ、5MT登場
ホンダ・フィットがマイナーチェンジ、5MT登場 全 4 枚 拡大写真
ホンダが『フィット』のマイナーモデルチェンジを行った。内・外装の変更を行うとともに、スマートカードキーなどの先進装備を設けたタイプやスポーティなタイプを追加設定。さらに、「1.5W」、「1.5S」タイプのFF車に、5速マニュアルトランスミッション仕様を用意。

新型フィットは全タイプで「平成22年度燃費基準+5%レベル」を達成、平成17年排出ガス規制にも適合した。1.3リットルエンジン搭載モデルは「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」認定を、1.5Lエンジン搭載モデルは「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(★★★低排出ガス車)」認定をそれぞれ取得し、グリーン税制の優遇措置を受けることができる。

デザインでは、バンパー(フロント/リア)を新デザインとし、スタイリングを一新。低重心をイメージするフォルムとするとともに、「1.3S」、「1.5S」では専用のエアロフォルムバンパー(フロント/リア)、サイドシルガーニッシュ、カラードヘッドライトガーニッシュなどを採用し、さらにスポーティなスタイリングが施された。

インテリアは、インストルメントパネル、ドアトリム、ステアリングホイール、ルーフライニング等を専用色とし、より明るい雰囲気の室内空間を目指している。1.5リットル車では新デザインの本革巻ステアリングホイールを採用するとともに、7スピードモードのシフトスイッチをパドルタイプに変更された。

《》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV