【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】2代目は骨から違います

自動車 ニューモデル 新型車
【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】2代目は骨から違います
【ダイハツ ミラジーノ 新型発表】2代目は骨から違います 全 6 枚 拡大写真
29日にダイハツから発表・発売された2代目となる新型『ミラジーノ』。新型といっても、このデザインに見覚えのある方も多いと思う。03年の東京モーターショーに『XL−C』という名前でコンセプトカーとして登場していた。

初代のミラジーノは、先代のミラをベースに、先代『ミニ』(ローバー)を思わせるレトロなデザインを実現するために、グリルやヘッドライトなどフロント周りのボディパーツを一新していた。

だが、ベースのボディがスクエアな形状をしていたために、車体のフレーム自体は『ミラ』と共通のものを使用していた。

しかし、02年に登場した現行型のミラは、Aピラーを寝かせたデザインを採用。とてもミラジーノを設計できるようなフレーム形状ではなくなってしまった。そのめたに新型ではボディからミラジーノの専用設計となっている。

つまり車体のベースとなるプラットフォーム自体は、ミラなどと共用しているが、その上のボディはミラジーノ専用となり、もはやミラの“派生車種”の域を飛び出してしまっている。

その結果、2BOXの軽自動車としては、ボリューム感のある質感の高いエクステリアデザインを実現している。とはいえ、新型ミラジーノも新型ミニに似てしまっているような気がしなくもないが……。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レトロな軽たち
  • 【今が売り時の車】ダイハツ ミラジーノ…ベースがフルモデルチェンジ
  • 愛車を上質、エレガント、お買い得なダイハツ ミラジーノ 特別仕様に代える
  • ダイハツ ミラジーノ に特別仕様プレミアムL
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ