GMデーウのアジア大作戦始まる

自動車 ビジネス 企業動向
GMデーウのアジア大作戦始まる
GMデーウのアジア大作戦始まる 全 1 枚 拡大写真
GMがデーウを買収して以来、デーウの持つ小型車をアメリカで販売するのか、それともヨーロッパで展開するのか、と今後が見守られてきたが、どうやら初戦はデーウの地元韓国での思いきった展開ということになりそう。

GMデーウオート&テクノロジーのCEO、ニック・ライリー氏が明らかにしたところによると、同社は韓国で今後15カ月間に9つの全く新しい、あるいはトータルにモデルチェンジされたクルマを発表する予定だという。

この中には、オーストラリアからの輸入モデルとなるホールデン『ステーツマン』も含まれる。また、2006年はじめにはSUVモデルも投入する予定。

ライリー氏によると、2005年は「新生GMデーウが積極的なマーケット戦略に乗り出す最初の年」で、ホールデンを除くすべてのモデルは韓国内に2003年に設立されたデザインセンターで開発されたものになるという。

さらに韓国のトランスミッション工場では次世代の小型6ATの開発も進んでおり、GMデーウはアメリカとはひと味違う、アジアを目指したメーカーとしての特色を明らかにしつつある。

《Sachiko Hijikata, US editor》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GM世界販売、8.3%減の381万台 2019年上半期
  • 米国ミシガン州デトロイト市のGM本社ビル
  • キャデラック CTS 2019年モデル
  • BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2005/01/28/67558.html/article/2005/01/28/67559.html/article/2005/01/28/67560.html