吐血の男性、実はひき逃げされていた

自動車 社会 社会
2月26日、沖縄県那覇市内で男性がひき逃げされて死亡する事件が起きた。男性は約50mに渡って引きずられた可能性もあり、警察では悪質な死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

沖縄県警・那覇署によると、事件が起きたのは2月26日の午後7時55分ごろ。那覇市牧志3丁目付近の市道で、中年の男性が路上に吐血して倒れているのを通行人が発見。警察と消防に届け出た。

男性はすぐに近くの病院に収容されたが、外傷は無いものの腹部を強打しており、間もなく死亡を確認。所持品などから同市内に住む48歳の男性であることが判明した。

現場にはこの男性を引きずったときに生じたとみられる全長50mあまりの痕跡が発見しており、男性の状況から警察では乗用車などにひき逃げされたものと判断。死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

《石田真一》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ