クラリオン、カイエンに採用でポルシェ全車種に設定

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
クラリオン、カイエンに採用でポルシェ全車種に設定
クラリオン、カイエンに採用でポルシェ全車種に設定 全 1 枚 拡大写真
クラリオンは、ポルシェ・ジャパンが輸入・販売するSUVの『カイエン』にカーナビゲーションと後方車両確認カメラのリアカメラを、3月からディーラーオプションとして納入開始したと発表した。

今回の納入で、クラリオンはポルシェ全車種にカーナビのオプションを設定したことになる。
 
クラリオンは、昨年11月に初めて、新型『911』にカーナビを納入し、今年2月には新型『ボクスター』に納入している。

今回、カイエンに採用されたカーナビは、ワイド7型2DIN・HDD/DVD/MDタッチパネルAVナビゲーションシステム。

エスカッション、操作ボタンをブラックカラーに統一した。より高い視認性を追求し、スロープ式ナビでは業界初の7インチの大型モニターを採用した。ナビの画面を立体的に表示する新機能スクエアビューやHDDに音楽を記憶させるミュージックキャッチャーなどの機能を搭載する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルシア(イメージ)
  • フォルシア(ロゴ)
  • クラリオン・フルデジタルサウンド
  • フォルシアクラリオン(東京オートサロン2020)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ