【東京モーターショー05】メルセデスベンツ F600 燃料電池スタディ

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー05】メルセデスベンツ F600 燃料電池スタディ
【東京モーターショー05】メルセデスベンツ F600 燃料電池スタディ 全 6 枚 拡大写真
メルセデスベンツは燃料電池車の最新研究成果、『F600ハイジーニアス』を東京モーターショーに出品する。ダイムラークライスラーのメルセデス乗用車グループ研究開発担当役員のトーマス・ウェバーは「燃料電池車の量産化への大きな前進」という。

コンパクトサイズのF600はゼロエミッション、115HPパワートレインで航続は400kmを越える。ガソリン換算で燃費は41.0km/リットルに相当する。

燃料電池技術のほかF600は、バーチャルディスプレイや座席形状など、安全や快適性について新技術のショーケースとなっている。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京モーターショー2019
  • アンソニー・ロー氏(ルノー)
  • 日本自動車工業会 豊田章男 会長
  • 三菱 エンゲルベルクツアラー
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV