ルノー三星製小型セダンを、日産ブランドで海外投入

自動車 ニューモデル 新型車
ルノー三星製小型セダンを、日産ブランドで海外投入
ルノー三星製小型セダンを、日産ブランドで海外投入 全 1 枚 拡大写真
日産自動車は、韓国・ルノー三星自動車製の小型セダン『SM3』をベースにした小型セダンを、日産ブランドで06年から各国の市場に投入していくと発表した。

SM3は、『サニー』『アルメーラ』などのモデル名で日産が販売している「N16型」をベースに開発されたモデルで、ルノー三星が02年に韓国市場で発売した。日産ブランドで発売するにあたり、内外装を日産専用に変更し、日産ブランドとして、一貫性を持たせたモデルにした。

日産ブランド向けの生産は、06年1月からルノー三星の釜山工場で開始する。年間生産台数は、最大で3万台となる見通しだ。ロシア、ウクライナのほか、中東、中南米地域で販売するとしている。

《編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AI運行乗合タクシー(キャラバン)
  • 日産フェアレディZ次期型プロトタイプ
  • 日産フェアレディZ次期型
  • 日産フェアレディZプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ