【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】最大のウリはインテリアデザイン

自動車 ニューモデル 新型車
【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】最大のウリはインテリアデザイン
【日産 ブルーバード シルフィ 新型発表】最大のウリはインテリアデザイン 全 5 枚 拡大写真
フルモデルチェンジを行った日産『ブルーバード・シルフィ』(21日発表)のドアを開けた途端、目に飛び込んでくるのは、今までに見たことのないモダンなインテリアだ。

日産は『ティアナ』から「モダンリビング」をインテリアデザインのコンセプトとし、『ティーダ』にもそれを採用してきた。そして、その3番目としてシルフィにも導入したのだが、シルフィは今までの2台とは少し異なるイメージに仕上げられている。

“Sモーション”と名付けられた造形のダッシュボードは、上下で立体感を持たせ、平面で見ると上部のデザインがS字を描く。一見スタイリング重視のインパネかと思いきや、運転席に座ってみると機能性を損ねている部分は一切なく、メーター類も見やすい所に配置されていた。

《岡島裕二》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産のスペイン・バルセロナ工場
  • 蒲郡市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • インフィニティ QX55 のティザーイメージ
  • 日産 マグナイト
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ