【ロサンゼルスモーターショー06】マツダ CX-7…RX-8 と トリビュート の中間

自動車 ニューモデル モーターショー
【ロサンゼルスモーターショー06】マツダ CX-7…RX-8 と トリビュート の中間
【ロサンゼルスモーターショー06】マツダ CX-7…RX-8 と トリビュート の中間 全 5 枚 拡大写真
マツダがロサンゼルスオートショー(ロサンゼルスモーターショー)で発表したクロスオーバーSUV『CX-7』。デザインを担当した小泉巌チーフデザイナーは、「キーワードは“プレゼンス(存在感)”」と語る。

「4座席スポーツカーの『RX-8』に、使い勝手の良い荷室をプラスしたような“スポーツクロスオーバーSUV”という位置づけで、デザインもトラディショナルなSUVの『トリビュート』とスポーツカーのRX8との中間点に位置づけられるものにしました」

「キーワードは“プレゼンス(存在感)”。視界の隅に入っただけで興味をそそられる程の強い存在感をアピールするデザインをイメージしました」

「傾斜角66度と他のSUVよりも“寝ている”フロントウィンドウ、最近のマツダ車共通のAピラーから張り出したフロントフェンダーを際立たせたボンネットエッジからノーズへと続くライン。タイヤがボディ外郭の四隅に“張って”いるスタンスの良さ。“ボールドリー・キックドアップ・ベルトライン”と呼ぶ、リアフェンダー部分の大胆に跳ね上がった盛り上がりが特徴です。」と、CX-7のデザインコンセプトを語った。

インテリアでもダッシュボード上部を左右に広がる“ルーフ”と、インパネ部分の“ひさし”というユニークなダブルルーフ構造を採用。最上級グレード「GT(グランドツーリング)」のレザーシートには初めてブラックセンターストライプが用いられ、内装も違いが一目でわかるようになっている。

CX-7の先行開発モデルにあたる『MXクロスポルト』で用いられた丸型モニターが納まったセンターコンソールがコンベンショナルなタイプになったことについて聞くと、「現在丸い液晶は存在しないんですよ、もし実用化されれば次の機会で使いたいですね」との答えを得た。

《ケニー中嶋》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ デザイン本部の土田廉剛 チーフデザイナー
  • マツダ 商品本部 別府耕太主査
  • レクサス RC 改良新型の XCC(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • VWビートルのバンブルビーの実物大レプリカ(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/01/11/78077.html/article/2006/01/11/78095.html/article/2006/01/11/78096.html