渡辺トヨタ社長がワゴナーGM会長と会談…先端分野

自動車 ビジネス 企業動向
渡辺トヨタ社長がワゴナーGM会長と会談…先端分野
渡辺トヨタ社長がワゴナーGM会長と会談…先端分野 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は、このほどデトロイトでGM(ゼネラル・モーターズ)のリック・ワゴナー会長と会談したことを明らかにした。両社による先端分野技術協力(CAT)について意見交換した。

CATは1999年春から先進技術の情報交換などを目的に始まったもので、燃料電池技術などが対象となっている。一度の期間延長を経て今年3月に期限が切れる予定。両社は引き続き、3月までに実務レベルで今後の協力について協議を進めるという。

渡辺社長は業務の都合で8日に開幕した北米国際自動車ショーに欠席したため、ショー会場でワゴナー会長と会談できず、別途会見をセットした。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ MIRAI コンセプト(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタGRスープラ・ヘリテイジ・エディション(ロサンゼルスモーターショー2019)
  • トヨタ・ライズ
  • トヨタ・NTTのコネクティッドカー向けICT基盤共同開発
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ A3セダン 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 開発車両 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/01/17/78316.html/article/2006/01/17/78315.html/article/2006/01/17/78275.html