【三菱 i 発表】リッターカーを超えたエンジン制御

自動車 ニューモデル 新型車
【三菱 i 発表】リッターカーを超えたエンジン制御
【三菱 i 発表】リッターカーを超えたエンジン制御 全 4 枚 拡大写真
三菱『i』(アイ)のエンジンは、64ps・9.6kgmと、900kgのボディを軽快に走らせるには充分な性能を持っているが、このエンジンが売りとしているのは、数値的な性能ではなく、スムーズにクルマを走らせる性能、良好なドライバビリティである。

アクセルペダルは、高級車に使われている先端技術、バイワイヤー式(エンジンルームのスロットルボディとアクセルペダルをケーブルで結ばず、アクセル開度を電気信号でスロットルボディに通信する)。スロットルボディも電子制御式で、ドライバーのアクセル踏み込み量にさまざまな補正をかけることで、スムーズな加速や巡航を実現している。

また、エンジンとATは統合制御され、変速時のトルク変動による変速ショックの抑制がはかられている。これらのきめ細かいエンジンコントロールは、スペック的にはリッターカークラスも超えるものだ。

《井元康一郎》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV