【リコール】プジョー 406 や 307 など6車種

エコカー 燃費
プジョー・ジャポンは23日、プジョー『406スポーツ』やプジョー『307XS/XSi』など6車種の原動機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。01年4月から04年5月までに輸入された361台が対象。

エンジンコントロールユニットのソフトウェアのプログラムが不適切なため、イグニッションスイッチを切った後も燃料ポンプが作動し続けることがある。このため、インジェクターから燃料が漏れて気筒内に蓄積し、クランキングが困難となる。

最悪の場合はエンジン始動時に排ガスが基準を超える、またはエンジンが始動しない恐れがある。

《》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  3. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  4. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  5. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  6. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  7. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  8. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
ランキングをもっと見る