ENEOSのセルフSSで携帯電話クレジットの使用が可能に

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ENEOSのセルフSSで携帯電話クレジットの使用が可能に
ENEOSのセルフSSで携帯電話クレジットの使用が可能に 全 1 枚 拡大写真
新日本石油、ENEOSのセルフサービスステーションで、携帯クレジット「Smartplus(スマートプラス)」(UFJニコス株式会社が提供)および「Visa Touch(ビザ タッチ)」の使用が11月から可能になる。

Smartplusとは、事前に利用金額のチャージが必要ないポストペイ(後払い)方式の小額決済サービス。携帯電話を利用する「モバイル型」とプラスチックカードの「カード型」の2種類があり、ENEOSではいずれも利用可能。燃料油計量機の前で決済が完了し、利便性の向上につながる。

また、Visa Touch は、Smartplusの仕様をもとにした、VISAの非接触決済サービスで、VISAブランドを発行するカード会社に対して提供される。

新日本石油は今後、系列のSSにおいてSmartplusおよびVisa Touch のほか、あらゆる携帯クレジットおよび電子マネーが利用できるように、各決済サービスの導入をめざす。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ