長崎バイパスでETC通勤割引を試行 10月31日から

自動車 テクノロジー ITS
西日本高速道路九州支社は、長崎バイパスにETC通勤割引を試行的に導入すると発表した。割引料金は約30%(1円未満は切り捨て)。

適用条件は
(1)ETCレーンを無線通行すること。
(2)ETC通勤割引は午前、午後それぞれ最初の1回のみ適用。
(3)時間は、午前が6時−9時、午後が17時−20時までに、川平料金所または川平本線料金所を通過すること。
(4)長崎多良見ICと長崎バイパスを連続で利用し、両方ともがETC通勤割引の対象となる場合は、それぞれ1回づつETC通勤割引が適用される。その場合、それぞれの料金所通過時刻に基づいて割引の適否を判断する。また適用区間は、長崎多良見ICから100km以内の、長崎ICまたは東脊振ICとの間を利用した場合に限定される。

当面の割引期間は、10月31日から2007年3月31日まで。4月1日以降は割引後の収入の状況等を確認した上で毎年度延長することになる。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ