西日本高速道路 安来道路でETC時間帯割引

自動車 テクノロジー ITS
西日本高速道路中国支社は、安来道路でETC時間帯割引(ETC深夜割引・ETC通勤割引)を10月31日から試行的に導入する。

ETC深夜割引は、安来道路・安来本線料金所、同・安来料金所をETC無線通信により0時−4時に通過した場合、割引が受けられる。東出雲−米子西間の料金は普通車通常料金650円が450円になる。

ETC通勤割引は、安来道路・安来本線料金所、同・安来料金所をETC無線通信により6時−9時、17時−20時に通過すると、ETC通勤割引が受けられる。東出雲−米子西間の料金は、普通車通常料金650円が350円になる。

なお安来道路と山陰自動車道、米子自動車道を連続して走行する場合、ETC通勤割引の適用条件を満たせば、それぞれの道路でETC通勤割引が適用される。山陰自動車道は松江自動車道を含み、米子自動車道は米子ICから100km以内に限られる。

期間は3月31日までの予定だが、割引後の収入の状況等を確認した上で毎年度延長する可能性がある。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ