【インプレ'06】国沢光宏 ダイハツ『ソニカ』 スタイリッシュ軽の最右翼

試乗記 国産車
【インプレ'06】国沢光宏 ダイハツ『ソニカ』 スタイリッシュ軽の最右翼
【インプレ'06】国沢光宏 ダイハツ『ソニカ』 スタイリッシュ軽の最右翼 全 1 枚 拡大写真
今までありそうでなかった軽自動車だと思う。居住空間の広さは重視せず(といっても大人4人がじゅうぶん乗れるくらいの空間は確保されている)、そのぶんスタイリッシュにしたというのはなかなか面白いアイデアである。

エンジンは昨年発表された3気筒エンジンにターボを加えたもので、トランスミッションも新しく設計されたCVTを使う。面白味こそないエンジンながら、扱いやすく、高回転までキッチリ回る。軽自動車の中ではトップクラスのデキといえる。

CVTもスタート用にコストの掛かったトルコンを使うタイプ。フィーリングはごく自然でいいのだけど、ベルトの音がうるさい点だけが不満か。

ハンドリング、乗り心地も大きな不満はないものの、「プレミアムな軽自動車」という位置付けを考えると、もう少し質感を上げて欲しいと思う。

販売も順調とのこと。「プレミアムな軽自動車としてなかなかよい素材」といった感じだ。カッコいいスタイルを生かすためにも、中身の熟成を願いたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。

《国沢光宏》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • メルセデスベンツ GLA 新型(GLA200d 4MATIC)
  • アウディ Q3 新型(Q3 35 TDI quattro S line)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ