東洋ゴム、ボローニャモーターショーに出展 ワイスピレプリカも

自動車 ニューモデル モーターショー
東洋ゴム工業は、イタリアのタイヤ販売子会社であるトーヨー・タイヤ・イタリアが12月7日から17日までの11日間、イタリア・ボローニャ市にて開催される「Bologna Motor Show 2006」に出展すると発表した。

Bologna Motor Showは、東京モーターショーやフランクフルト・モーターショーと並ぶ国際モーターショーの一つで、今年31回目。今年は世界約20カ国から計440社以上の自動車関連企業が出展を予定しており、120万人を超える来場者が見込まれている。

今回の同社ブースでは、映画『Fast&Furious 3 Tokyo Drift』(邦題『ワイルド・スピード×3 Tokyo Drift』)のレプリカ車輌を始め、著名イタリアンチューナーと協働でカスタマイズした車輌計4台を展示する。フラッグシップタイヤ『PROXES T1R』を装着し、その商品特性をアピールする。

商品展示では、セミレーシングタイヤ『PROXES R888』、大口径SUV用タイヤ『PROXES S/T』をはじめ、同社が得意とする大口径タイヤを中心に展示する。

また、屋外会場では、ドリフト・イベント「Fast&Furious Toyo Drift」を開催し、主に若者層をターゲットにブランド・イメージ向上を図る。

同社は今回の出展を通じて、イタリア市場でブランド・ポジショニングの向上に努めていくとしている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2006/12/04/89013.html/article/2006/12/04/89011.html/article/2006/12/04/89017.html