マツダ、ファミリアバン をフルモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ、ファミリアバン をフルモデルチェンジ
マツダ、ファミリアバン をフルモデルチェンジ 全 1 枚 拡大写真
マツダは、『ファミリアバン』をフルモデルチェンジし、商用車としての実用性の向上を図って24日から発売開始した。

今回の変更では、ファミリアバンの荷室を改良し、積載容量を大幅に拡大すると同時に、フラットで低い荷室床面および広いリアゲート開口部を採用することにより、荷物の積み降ろしがより容易な仕様とした。

室内には、助手席シートバックにパソコン用の折畳み式テーブル、センターパネル上部にホワイトボード付収納ボックス、センターコンソール後部にはビジネスバック用のトレイなど、室内空間を効率的に使用するための便利装備を多数採用している。

また、全車が2005年排出ガス基準認定で、うち1.2リットル車および1.5リッター車がグリーン税制に適合している。

販売計画はシリーズ全体で300台/月。

価格は「VE」の1.2リットルが127万1550円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ R360クーペ と ロードスター 100周年特別記念車
  • マツダ・サバンナRX-7、RX-7のリトラクタブルヘッドランプ
  • トヨタ・プロボックス(参考画像)
  • マツダ ファミリア(5代目 1980年6月)のカタログ
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ