【ジュネーブモーターショー07】マツダ2/デミオ はシティコミューター

自動車 ニューモデル モーターショー
【ジュネーブモーターショー07】マツダ2/デミオ はシティコミューター
【ジュネーブモーターショー07】マツダ2/デミオ はシティコミューター 全 5 枚 拡大写真
ジュネーブモーターショーでお披露目された新型『マツダ2』(日本名『デミオ』)は、これまでのスモール『MPV』的な『デミオ』のパッケージングから、前席2人をメインに考えたシティコミューター的な車へとコンセプトチェンジ。

全長を40mm短縮し、全高を55mm下げたのに対し全幅は15mm広げられ、スタイルもロー&ワイドなフォルムに生まれ変わった。マツダのリードで、フォードと共同開発されたBセグメントプラットフォームも、この新型デミオでの採用が第一弾となる。

エンジンは「MZR」1.3リットルDOHCと、同1.5リットルDOHCの2タイプで、ヨーロッパ仕様ではフォードとPSA共同開発の1.4リットルディーゼルも用意する。ボディ面だけでも3割の軽量化に成功したのに加え、電装、排気系も従来モデル比で100kgの軽量化を果たし、クラストップレベルの燃費(従来比15%向上)を実現。

《ケニー中嶋》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ