【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない

自動車 ニューモデル 新型車
【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない
【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない 全 5 枚 拡大写真
プジョー『206』の後継モデルとして発表された『207』は、206に比べてボディサイズを大幅に拡大している。スリーサイズは4030mm×1750mm×1470mmとなり、全長は195mm、全幅は80mmも大きくなっている。ホイールベースも100mmも延長され2540mmまで拡大されている。

プジョージャポン広報部の近棟伸邦さんは「207は206に比べてボディサイズが大きくなっていますが、それがネガティブな要素になるとは、あまり考えておりません。当初は営業側もサイズの拡大を懸念していましたが、実際にクルマを見てもらうと、運転席からの視界がよいので、大きさは気にならないという声が多かったようです」

「207を買っていただくお客様は、206からの買い替えていただく方も多いと思いますが、この視界と取り回しなら、あまり苦にはならないのではないかと考えています」という。

207の運転席に座ってみると、確かに視界は開けてはいるが、大きさ自体は206と比べると、確実に大きくなったように感じる。最小回転半径も5.4mもあり、国産のコンパクトカーと比較すると大きいので、数値的に取り回し性能が優れているとはいえないが、視界が開けているので運転はしやすそうだ。

他の輸入コンパクトカーも、これぐらいの全幅が主流となってきているので、輸入車を選ぼうとする人にとっては、とくにこのサイズがネガティブな要素になることもないのだろう。

《岡島裕二》

【画像】【プジョー 207 日本発表】サイズ拡大はネガにならない(5枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  4. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  5. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  6. 「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  9. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
  10. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
ランキングをもっと見る