【ダッジ日本導入】クライスラーで3番目、世界展開の一環

自動車 ビジネス 企業動向
【ダッジ日本導入】クライスラーで3番目、世界展開の一環
【ダッジ日本導入】クライスラーで3番目、世界展開の一環 全 4 枚 拡大写真
ダイムラークライスラー日本は、クライスラーグループで3番目のブランドとなる「DODGE(ダッジ)」を日本市場に導入すると発表した。

日本市場には第一弾として6月にダッジの新型車4車種を投入、既存のクライスラーグループ販売店舗で取扱う。同社では、ダッジブランド導入に合わせて、6月までに国内のクライスラー全販売店に、ダッジの看板を掲げる。また、店舗名も「クライスラー・ジープ・ダッジ」店となる。

ダッジは、クライスラーグループの量販モデルで、クライスラーグループの米国販売台数の半分を占める。リーズナブルな価格が特徴。従来は北米で展開していたが、2006年から海外市場に展開している。同社では日本市場に導入することで、ラインアップを拡充するとともに、収益性の向上を図る方針だ。

日本市場に最初に投入するダッジは、『キャリバー』、『ナイトロ』、『アベンジャー』、『チャージャーSRT8』の4車種で、今後もモデルを追加していく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダッジ チャージャー SRT ヘルキャット ワイドボディ「レッドアイ」プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ ラムレベル TRX 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 週刊『ワイルド・スピード ダッジ・チャージャーR/T』
  • OPEN ROAD(東京モーターショー2019)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ