プジョー 407 を一部改良…装備充実

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー 407 を一部改良…装備充実
プジョー 407 を一部改良…装備充実 全 1 枚 拡大写真
プジョー・ジャポンは、プジョーの最上級モデルである『407』シリーズの装備を一部改良、ラインアップを見直すとともに、「407 Executive」の装備を大幅にアップグレードし、28日から発売する。

今回の一部改良では、2.2リットルエンジンの出力を158馬力から5馬力向上させたほか、快適性や機能性を高める装備の充実、ラインアップの見直しを行いシリーズ全体の商品力強化を図った。

特に407 Executiveは18インチアロイホイールやリバース連動チルト機能付ミラー、フロント・コーナーセンサーのほか、電動ステアリングコラム(電動シート連動メモリー付)などを装着して装備の充実を図った。

価格は407 Executiveセダンが469万円。

《レスポンス編集部》

【画像】プジョー 407 を一部改良…装備充実(1枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  3. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  4. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  5. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  6. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  7. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  8. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
ランキングをもっと見る