【リコール】クライスラー ボイジャーなどで走行不能の恐れ

エコカー 燃費
ダイムラークライスラー日本は30日、『ボイジャー』と『グランドボイジャー』のフロントドライブシャフトに不具合があるとして国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。01年4月から06年3月まで輸入された3579台が対象。

フロントドライブシャフトでホイール側ジョイント部のボールベアリングケースの強度が不足しているものがある。

ハンドルのすえ切りなどを繰り返すとケースに亀裂が発生することがあり、そのまま使用を続けるとケースが破損して走行できなくなる恐れがある。

《》

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2007/05/30/95278.html/article/2007/05/30/95270.html/article/2007/05/30/95271.html