【東京モーターショー07】ホンダ、次世代ライトウェイトスポーツなどを出品

自動車 ニューモデル モーターショー
【東京モーターショー07】ホンダ、次世代ライトウェイトスポーツなどを出品
【東京モーターショー07】ホンダ、次世代ライトウェイトスポーツなどを出品 全 2 枚 拡大写真
ホンダは、「第40回東京モーターショー 2007」に、世界初公開となるコンセプトモデル2台を含む乗用車、各種技術展示物を出展する。

乗用車ブースでは「この地球で、いつまでもモビリティを楽しむために」をテーマに、CO2低減などの環境対応とモビリティの楽しさを両立するための様々な先進の環境技術を展示する。

クリーン性能とトルクフルな走りを両立するホンダ独自のハイブリッドシステムを搭載した次世代のライトウェイトスポーツのコンセプトカー『CR-Z』を世界初公開する。

また、自由な発想でデザインした、使う人だけでなく周りの人も楽しくさせる、燃料電池車『PUYO』(プヨ)も世界初公開する。

さらに、9月のフランクフルトモーターショーで発表した高い環境性能と動力性能を実現した、次世代ディーゼルエンジン「i-DTEC」の機構モデルも展示する。

さらに、東京モーターショー直前の18日発表する新型『フィット』や、新しい可変シリンダーシステムを搭載し、年内に発売予定の新型『インスパイア』など、市販車や市販予定車、コンセプトモデルなど合計11車種18台を出展する。

また、「明日のエネルギーコーナー」では、新しいエネルギー開発の取り組みとして、稲藁(いねわら)からエタノールを製造する技術や、今年秋から発売する環境に優しい次世代型薄膜太陽電池などを紹介する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV