2007年のGPSデバイス世界総出荷台数は3900万台

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
2007年のGPSデバイス世界総出荷台数は3900万台
2007年のGPSデバイス世界総出荷台数は3900万台 全 3 枚 拡大写真
英国の情報通信マーケット調査会社、CANALYSが発表した分析レポートによると、2007年のGPSナビゲーションデバイス世界総出荷台数(PND、ハンディGPS、GPS付スマートフォン含む)は3900万台に達し、2006年に比べて132%増加した。機器別ではGPS付スマートフォンが伸びを示しているものの、依然としてPNDが90%を占めている。

地域別では、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)は87%増、アジア太平洋地域(APAC)は139%増で、北米市場では296%という大幅な伸びを示した。北米市場でのメーカ別シェアは、47%でガーミン(GARMIN)がトップ、つづいてトムトム(TomTom)が21%、マジェラン(Magellan)17%、ミオ・テクノロジー(Mio)が6%とつづく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ガーミンのウェアラブル端末でモバイルSuicaを利用できる。
  • 前後2カメラをセットにしたドライブレコーダー「ダッシュカム46Z」
  • ガーミン zumo 396
  • GARMIN GDR W180
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ