日産、電気自動車の普及でテネシー州とパートナーシップ

エコカー 燃費
日産、電気自動車の普及でテネシー州とパートナーシップ
日産、電気自動車の普及でテネシー州とパートナーシップ 全 1 枚 拡大写真
ルノー・日産アライアンスは22日、テネシー州中部でのゼロ・エミッション車普及促進のため、テネシー州政府と新たなパートナーシップを結ぶと発表した。

パートナーシップには、テネシー川流域開発公社(Tennessee Valley Authority: TVA)等の諸団体も参加。TVA以外のパートナーには、ナッシュビル市や同市の電力供給会社、大学などが名を連ねている。

日産では、新5か年経営計画「日産GT 2012」期間中、電気自動車を2010年に米国に投入し、その2年後には全世界での量販を開始する予定としている。

ゴーン社長は、「このテネシー・プロジェクトによって、消費者は、真に持続可能なモビリティを実現したクルマを運転することができるようになる。テネシー州がTVAおよびその他のパートナーと共に、ゼロ・エミッション車が消費者にとって実用的で、非常に魅力的な選択肢になるような適切な環境を作り出すために、積極的な取り組みを行っているということは賞賛すべきことである」とコメントしている。

《》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ