アウディ、2010年にクリーンディーゼルを日本導入

エコカー 燃費
アウディ、2010年にクリーンディーゼルを日本導入
アウディ、2010年にクリーンディーゼルを日本導入 全 5 枚 拡大写真
アウディジャパンは、2010年にクリーンディーゼルエンジンを搭載するSUV、アウディ『Q7』の「3.0 TDI」を導入すると発表した。

順次搭載モデルを拡大し、2015年までに日本におけるアウディ全販売台数の10%を、クリーン・ディーゼル・エンジン搭載車にする予定。 

日本国内導入予定のディーゼルエンジンは、最新ピエゾコモンレールシステムや、燃焼室センサーにより燃焼プロセスを精密に管理することで、燃焼効率の向上とともに一次排出物質を大きく削減した。一方、アドブルー(尿素水溶液)をDeNOx(窒素酸化物除去)コンバーターの上流に微量噴射することにより、窒素酸化物を最大90%除去する。

これらシステムにより、日本で2009年導入予定のポスト新長期規制をクリアするクリーンな排気を実現するとしている。

アウディでは、スポーツモデルの『TT』にもディーゼルが用意されるなど、ヨーロッパにおいてはアウディ全販売台数の72%がTDI搭載モデルとなっている。

《》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ