【VW ティグアン 試乗】見た目以上に上質な…河村康彦

試乗記 国産車
【VW ティグアン 試乗】見た目以上に上質な…河村康彦
【VW ティグアン 試乗】見た目以上に上質な…河村康彦 全 5 枚 拡大写真
顔立ちは余りハンサムとは言えない(?)けれど、乗ればいかにもVWの作品らしいマジメさが伝わって来るのがこのモデル。

車両重量は1.6t超と少々重めでそれゆえに動き出しの一瞬には鈍さを感じるものの、ひとたびタイヤが転がり出してしまえば後はどこからでも瞬時にターボブースト圧が上昇し、2リットルの170psエンジンというスペックから期待する以上の加速性能を味わわせてくれる。

このクルマが「見た目以上に上質な走り味の持ち主」という事を実感させてくれるのは、静粛性の素晴らしさとサスペンション・ストロークのしなやかな感触によるところが大。6速ATはロックアップ作動初期にわずかなこもり音を発する事があるものの、そのシフトプログラムは日本の交通環境下でも一切の違和感を抱かせない。

というわけで、前席以上にアップライトな姿勢で座る後席での居住性も十二分なティグアンは、この先日本のVWラインナップの重要な基幹モデルへと成長して行きそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。ワールド・カーオブザイヤー選考委員、インターナショナル・エンジンオブザイヤー選考委員。

《河村康彦》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ