【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入

自動車 ニューモデル モーターショー
【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入
【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入 全 4 枚 拡大写真
マセラティは3日、ボローニャモーターショーで「MCスポーツライン」の概要を明らかにした。レースから得たノウハウを注入したパーツ群を装着するカスタムプログラムで、まずは『グランツーリズモS』用が発表された。

MCスポーツラインはマセラティのモータースポーツ部門「Corse」(コルセ)が開発を担当。コルセは2008年9月にグランツーリズモSのレース専用車、『MCコンセプト』を発表しているが、外観はこのマシンがモチーフになっている。

外観の特徴がカーボンファイバー製パーツ。前後スポイラー、ドアミラー、ドアハンドルなどがカーボンに変更された。また、20インチの巨大なアルミホイールは光沢ブラック仕上げとして、カーボンパーツとのマッチングを図った。

インテリアも同様で、ステアリングホイール、パドルシフト、ダッシュボード&ドアパネルなどにカーボンが奢られる。ペダルはアルミ削り出しで、ブレーキペダルには赤い「mc」のロゴが添えられた。

走りに関する部分では、ダンパー&スプリングがさらにスポーツライクなセッティングとなり、車高は10mmダウン。ブレーキやマフラーなどのアイテムも用意される。もちろん、顧客の要望を聞きながら、減衰力などの細かい設定は行われるという。

マセラティは「2009年早々にMCスポーツラインを導入する」と説明。同じグループのフェラーリはすでに「One to One」という名称のカスタムプログラムを『612スカリエッティ』に実施している。高級スポーツカーの顧客囲い込みビジネスは、今後激しさを増しそうだ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 前回(2012年)のボローニャモーターショー
  • 特別なイエローで仕上げられたメルセデスベンツSLK55AMGとドゥカティ848ストリートファイター
  • フェラーリ599XXエボリューションパッケージ
  • アバルト500をベースにしたレース専用車、アバルト695アセットコルセ
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2008/12/04/117373.html/article/2008/12/04/117397.html/article/2008/12/04/117154.html