【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入

自動車 ニューモデル モーターショー
【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入
【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入 全 4 枚 拡大写真
マセラティは3日、ボローニャモーターショーで「MCスポーツライン」の概要を明らかにした。レースから得たノウハウを注入したパーツ群を装着するカスタムプログラムで、まずは『グランツーリズモS』用が発表された。

MCスポーツラインはマセラティのモータースポーツ部門「Corse」(コルセ)が開発を担当。コルセは2008年9月にグランツーリズモSのレース専用車、『MCコンセプト』を発表しているが、外観はこのマシンがモチーフになっている。

外観の特徴がカーボンファイバー製パーツ。前後スポイラー、ドアミラー、ドアハンドルなどがカーボンに変更された。また、20インチの巨大なアルミホイールは光沢ブラック仕上げとして、カーボンパーツとのマッチングを図った。

インテリアも同様で、ステアリングホイール、パドルシフト、ダッシュボード&ドアパネルなどにカーボンが奢られる。ペダルはアルミ削り出しで、ブレーキペダルには赤い「mc」のロゴが添えられた。

走りに関する部分では、ダンパー&スプリングがさらにスポーツライクなセッティングとなり、車高は10mmダウン。ブレーキやマフラーなどのアイテムも用意される。もちろん、顧客の要望を聞きながら、減衰力などの細かい設定は行われるという。

マセラティは「2009年早々にMCスポーツラインを導入する」と説明。同じグループのフェラーリはすでに「One to One」という名称のカスタムプログラムを『612スカリエッティ』に実施している。高級スポーツカーの顧客囲い込みビジネスは、今後激しさを増しそうだ。

《森脇稔》

【画像】【ボローニャモーターショー08】マセラティがカスタムプログラム導入(4枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  2. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  3. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  6. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  10. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
ランキングをもっと見る