【ホンダF1撤退】エクレストン「F1への警鐘である」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【ホンダF1撤退】エクレストン「F1への警鐘である」
【ホンダF1撤退】エクレストン「F1への警鐘である」 全 1 枚 拡大写真
バーニー・エクレストンがホンダのF1撤退について、「F1への警鐘である」とコメントした。

「これは警鐘だよ。われわれはずいぶん前からこのことについてキャンペーンを続けてきた。いまこそコンペティティブになるための必要額を減らす努力をすべき時なんだ」

「ボトムラインは極めてシンプル。F1チームを運営するために、現在のような出資は不必要にすればいいのだ。ただ問題はチームを実際に運営しているのが、富を費やすよりも家でプレイステーションをやっている方が向いている技術者たちだということだ」とエクレストンは主張している。

《編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ