スバル富士重、EVは初年度100台程度の販売

自動車 ビジネス 企業動向
スバル富士重、EVは初年度100台程度の販売
スバル富士重、EVは初年度100台程度の販売 全 1 枚 拡大写真
富士重工業の森郁夫社長は16日の新年記者会見で、軽自動車をベースにしたプラグイン方式の電気自動車(EV)『プラグインステラ』について、計画どおり今夏のデリバリーを開始する方針を明らかにした。

納入先は当面、首都圏が中心になるとしており、初年度100台程度の販売を見込んでいる。

EVについては三菱自動車も軽自動車ベースの車両を今夏に発売する計画であり、両社がEV普及での先陣を切ることになる。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スバル・レヴォーグ新型発表、機体積み下ろしデモ
  • スバル・レヴォーグ新型:JALとコラボ発表会
  • スバル・フォレスター (北米仕様)
  • スバル レヴォーグ STI Sport(プロトタイプ)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV