【改善対策】ホンダ ザッツ 16万8594台…止めたはずが動き出す

エコカー 燃費
【改善対策】ホンダ ザッツ 16万8594台…止めたはずが動き出す
【改善対策】ホンダ ザッツ 16万8594台…止めたはずが動き出す 全 1 枚 拡大写真
本田技研工業は22日、軽自動車『ザッツ』の施錠装置に不具合があるとして、国土交通省に改善対策(無償修理)を届け出た。対象となるのは、2002年1月24日 - 2007年6月23日に製作された16万8594台。

キーインターロック機構(ATのPポジション以外でキーが抜けない機構)を制御する統合ユニットの電気回路が不適切なため、Pポジション以外でイグニッションのオフ操作を繰り返すと回路が損傷してキーインターロック機構が作動しなくなり、ATセレクトレバーがPポジション以外であってもキーが抜け、駐車ブレーキをかけ忘れていた場合に駐車中の車両が動き出すおそれがある。

全車両、統合ユニットを対策品と交換する。不具合発生件数は2件で、市場からの情報で発見した。人身事故が1件起きている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダCX-30
  • ダイハツ・ムーヴ(2017年)
  • ダイハツ・タント(2018年)
  • VW ポロ
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV