ホンダ、09年二輪モータースポーツ参戦体制を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダ、09年二輪モータースポーツ参戦体制を発表
ホンダ、09年二輪モータースポーツ参戦体制を発表 全 11 枚 拡大写真
ホンダは、2009年の二輪モータースポーツ参戦体制を発表した。

2009年はホンダにとってWGP参戦50周年を迎えるとともに、WGPの最高峰であるMotoGP(モトGP)クラスでのチャンピオン奪還に向け、先進技術を投入するとしている。
 
ロードレースでは、FIMロードレース世界選手権シリーズのMotoGPクラスは、ライダー、コンストラクター、チームタイトル3冠の奪還を目指し、サテライトチームを含む計6人のライダーで参戦する。マシンは、先進技術を投入して進化させた「RC212V」を6台投入する。

ワークスチームの「レプソル・ホンダ・チーム」は、MotoGPクラス参戦4年目となるダニ・ペドロサと、新たにワークスチームに加入したアンドレア・ドヴィツィオーゾの2人体制で戦う。サテライトチームから250ccクラスからステップアップした高橋裕紀が参戦する。MotoGPクラス唯一の日本人となる。
 
250ccクラスには、合計4チーム6人のライダーが参戦する。青山博一、ラファエレ・デ・ロサ、ラタパーク・ウィライローの3人は「RS250RW」で出場する。昨年まで全日本ロードレース選手権GP250クラスに参戦していた富沢祥也が世界選手権シリーズにステップアップする。富沢を含めバスティン・シェゾーとトニー・ウィルシングの3人は「RS250R」で戦う。
 
トライアルでは、FIMトライアル世界選手権シリーズには、戦闘力の高い4ストロークエンジンを搭載した「Montesa COTA 4RT」を2台投入する。2007年から2年連続チャンピオンを獲得したトニー・ボウと同選手権で唯一の日本人ライダーとして活躍する藤波貴久の2人体制でライダータイトルの3連覇とコンストラクターズタイトルの4連覇を狙う。
 
一方、鈴鹿8時間耐久レースはワークスとしては出場しない。
 
ホンダは今後も「モータースポーツ活動で培われたノウハウとチャレンジングスピリットで、新たな課題に挑戦し続け、そこから生まれる夢と感動を顧客と共有していきたい」としている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ