【トヨタF1撤退】クレームから補償問題も?

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トヨタF1
トヨタF1 全 2 枚 拡大写真
2009年シーズン限りでのF1撤退を発表したトヨタ(4日)。その余波について考えてみよう。

まず、この撤退そのものがスンナリとヨーロッパに受け入れられるかどうか? もちろん、「やめるな」という強制力など誰も有しないが、トヨタはこの夏、F1の将来に関するチーム間の協定「コンコルド協定」にサインをしている。

同じく今季限りで撤退するBMWは、これの調印前に撤退を発表していたが、トヨタの場合は事情が異なるわけだ。なんらかのクレーム、あるいは補償を求めるような動きが、欧州F1界から巻き起こらないとも言い切れない。

今季のF1は10チームで争われたが、BMWとトヨタが撤退し、来季は既存8チームに新チームが4つ(もしくは旧BMWを買収したチームが加わり5つ)加わる予定。今季、トヨタチーム同様にトヨタ製エンジンを積んでいたウイリアムズチームは、この撤退騒動以前に、来季はトヨタからコスワース製エンジンにスイッチすることを発表済みだ。

今後、F1は1970年代のように「フェラーリ以外はほぼみんなコスワース製エンジン」というような時代に逆戻りするのかもしれない。来季からF1に復帰するコスワースが、安価で競争力のあるエンジンを供給できるなら、そういう方向性に流れて、F1は「脱・自動車メーカー」を果たすことになるのかも?

《遠藤俊幸》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1アメリカGP
  • MEGA WEB・F1カー乗り込み体験会
  • 2014年トヨタモータースポーツ活動計画発表会に出席した豊田章男社長
  • WRC(写真は1998年)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ