ホンダ ゼストスパーク 一部改良…内装充実で価格見直し

自動車 ニューモデル 新型車
ゼストスパーク
ゼストスパーク 全 6 枚 拡大写真
ホンダは19日、『ゼストスパーク』の内装の質感を向上し装備を充実させるとともに、4WD車の価格を見直して同日より販売を開始した。

今回、ゼストスパーク全タイプの内装に、スポーティな常時点灯ブルーイルミネーションメーターを採用したほか、シルバー加飾を施し質感の向上を図った。「G」タイプにはスポーツステアリングを、「W」タイプには人気の高い4スピーカーを装備する。

価格は、ゼストスパークのW(FF)が133万9000円。また、『ゼスト』とゼストスパークそれぞれの4WD車の価格を引き下げた。

福祉車両の「助手席リフトアップシート車」(143万8000円から)、「車いす仕様車」(164万3000円から)も併せて発売した。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フィット(2008年)
  • ホンダ・ゼスト
  • ホンダ フィット テックマチック装着車
  • ホンダ・ゼストスパークGタイプ・ダイナミックスペシャル
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ