ブリヂストンの新ランフラット、米トヨタ車に世界初採用

自動車 ニューモデル 新型車
トランザEL400 RFT
トランザEL400 RFT 全 6 枚 拡大写真
ブリヂストンは3日、新技術により乗り心地を向上させた第3世代のランフラットタイヤ『トランザEL400 RFT』が、2010年2月初旬から北米トヨタが発売する新型『シエナ』の新車用装着タイヤとして採用が決まったと発表した。

ランフラットタイヤは空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤ。
 
シエナに納入する「トランザEL400 RFT」は、新技術を採用して乗り心地向上を図った第3世代のランフラットタイヤで、新車装着用としては世界初の採用となる。
 
この第3世代ランフラットタイヤは、熱をコントロールする技術として、タイヤサイド部を冷却する技術「クーリング・フィン」と発熱を抑える「新サイド補強ゴム」を採用した。
 
ランフラットタイヤはスペアタイヤ(応急用タイヤ)が不要となるため、車両重量の軽量化が図れ、自動車の低燃費化に貢献するとして今後、採用の拡大が見込まれている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 工学院大学 ソーラーカーチーム壮行会 ボートレースアンバサダー 植木通彦 特別講演
  • 技能グランプリ全国大会の競技風景
  • 生産財セールスマンコンテスト全国大会の競技風景
  • 乗用車用スタッドレスタイヤBLIZZAK VRX
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2009/12/03/133329.html/article/2009/12/03/133328.html/article/2009/12/03/133330.html