豊田トヨタ社長「一丸となって黒字化に努力」

自動車 ビジネス 企業動向
豊田社長は「お客様最優先」「黒字化」を強調 9日記者会見
豊田社長は「お客様最優先」「黒字化」を強調 9日記者会見 全 4 枚 拡大写真
トヨタ自動車の豊田章男社長は9日の記者会見で、リコール問題によって株価が下落していることに関し「時価総額を落とし、株主の皆様にご心配をおかけしていることは大変申し訳ない」と陳謝した。

当面は「(リコール問題での)お客様対応を最優先したい」とする一方、今期の業績について「第3四半期から黒字化へ向けて努めている。これからも最後の最後まで一丸となって黒字化に向けて頑張りたい」と述べた。

トヨタは先週の第3四半期決算の発表時に、今期純利益が800億円の黒字となる予想を出している。今回の『プリウス』などのリコールに関する影響は織り込んでいないが、豊田社長は株主へのメッセージとして、黒字転換へのこだわりを改めて強調した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • レクサスLSの2009年モデル
  • トヨタ・カムリ(先々代モデル)
  • 福岡モーターショー2014「自動車フォーラム」会場にて
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ