トヨタ佐々木副社長「技術解析力」向上に海外拠点拡充

自動車 ビジネス 企業動向
佐々木眞一副社長 9日記者会見
佐々木眞一副社長 9日記者会見 全 5 枚 拡大写真
トヨタ自動車の佐々木眞一副社長は9日、『プリウス』などのリコールに関する記者会見で、品質問題への対応策のひとつとして欧米など海外での技術解析拠点を拡充する計画を明らかにした。

今回の大量リコール発生を受け、佐々木副社長は顧客からのクレームが届いた際「そこで何が起きているのか解析する体制が不十分だった」のが反省材料と指摘した。

このため、「現地現物での技術解析力を高めたい」として、欧米などに専門の技術要員の拠点を拡充する方針を示した。米国では現在、ロサンゼルスやニューヨークなど3拠点にとどまっているが、さらに5か所程度増やす計画。佐々木副社長はすでに設置都市の選定に入っていると説明した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所説明図
  • レクサスLSの2009年モデル
  • トヨタ・カムリ(先々代モデル)
  • 福岡モーターショー2014「自動車フォーラム」会場にて
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ