ホンダ、通信費無料のテレマティクスを開始 CR-Z から採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
「リンクアップフリー」は業界初の通信費無料テレマティクスサービスとなる
「リンクアップフリー」は業界初の通信費無料テレマティクスサービスとなる 全 10 枚 拡大写真
ホンダは16日、「インターナビ・プレミアムクラブ」会員向けに、通信費が無料で各種情報サービスを気軽に利用できる「リンクアップフリー」を2月25日発表の新型ハイブリッドカー『CR-Z』から開始すると発表した。通信費無料のテレマティクスサービスは業界で初めてで今後適用車種を拡大していく。

リンクアップフリーは、新車納車時にあらかじめ専用通信機器でのデータ通信が使用可能な状態となっているため、ユーザーは接続設定を行うことなく、すぐにインターナビの情報サービスを利用できる。ウィルコムのPHSデータ通信サービスを利用する。
 
車検時にホンダ系ディーラーで更新手続きをすることで、車両を所有している間は通信費無料でサービスの利用が可能となる。
 
システムは、ドライブの際にインターナビ情報センターに自動接続し、定期的にデータ通信を行うため、フローティングカーデータなどのリアルタイムでの走行データ収集量が従来に比べ増加する。これによってインターナビ・プレミアムクラブ会員は、常に最新の交通情報に基づくスムーズなルート選択や目的地までの所要時間短縮など、より精度の高いルート誘導サービスが受けられる。
 
また、リンクアップフリーによってメーカーから直接、カーナビへカーライフに役立つ情報を配信するONE to ONEダイレクトメッセージ「ホンダからのお知らせ」や、前回運転時の1日分の平均燃費の情報を提供する「インターナビ燃費情報」、カーナビからインターネット上の飲食店情報の検索・取得が可能な「インターネットリンク」も提供する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV