【ルノー ルーテシア 改良新型】プジョー 307 や ゴルフ から

自動車 ニューモデル 新型車
ルーテシア
ルーテシア 全 3 枚 拡大写真
ルノー・ジャポンは5日より『ルーテシア』をマイナーチェンジし発売した。

本国では『クリオ』という名称で販売されているこの『ルーテシア』は、日本では商標の関係でこの名称となっている。因みにこの『ルーテシア』はパリの昔の呼び名“Lutetia(ルテティア:ラテン語)”に由来している。

ルノー・ジャポン マーケティング部商品計画グループのフレデリック・ブレンさんは、「1990年から『クリオ』は発売され、20年間にわたって1000万台を突破、100か国以上で販売されています」と話す。クリオは、91年からルーテシアの名称で日本でも販売され、1万1000台を突破したルノー車で最も売れているクルマであるという。

現在の日本市場について、ブレンさんは「2009年のマーケットは96%が国産車、4%が輸入車。その4%の中の80%がドイツ車でフランス車は5%。コンパクトカー(全長4.2m以下)市場は7万 - 8万台で推移し輸入車市場の4 - 5割と安定した市場となっています」と分析する。そのコンパクトカーのユーザーは「30 - 40歳代のユーザーが半分を占めており、ルーテシアのターゲットユーザーとも一致します」という。

今回マイナーチェンジしたルーテシアを購入するであろう想定ユーザーは、「ルノーから2割、それ以外で8割を想定しており、その8割のうちの半分がダウンサイザーと考えています」という。その理由として、経済状況やクルマの進化に応じてダウンサイザーが年々増えていることを踏まえ、「例えばプジョー『307』や『ゴルフIV・V』あたりからの移行を考えています。サイズや価格が移行のメインの理由となるでしょう」と導入計画を語った。

《内田俊一》

【画像】【ルノー ルーテシア 改良新型】プジョー 307 や ゴルフ から(3枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  6. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  7. 「防災車両の敷居を下げる」ヤマハの悪路対応『トリシティ』と洪水救難艇がめざすもの…危機管理産業展2021
  8. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
  9. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  10. ヤマハ発動機、電動アシスト自転車のスタンダードモデル「PASウィズシリーズ」2022年モデル発売へ
ランキングをもっと見る