トヨタ タウンエースなど2種、走行不能や安定性低下のおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット
改善箇所説明図(1)
改善箇所説明図(1) 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業は31日、トヨタ『タウンエース』『ライトエース』2車種のオイルクーラー配管とショックアブソーバに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2008年2月25日から同年12月16日に製作された1万1131台。

(1)自動変速機のオイルクーラー配管とオイルクーラーホースの製造工程が不適切なため、振動などでオイルクーラーホースが抜けてオイルが漏れ、走行不能になるおそれがある。

(2)後輪ショックアブソーバで、車軸側取付ボルトの締め付けトルクが不足しているため、振動などでボルトが緩んで異音が発生し、取り付け部が外れ車両安定性を損なうおそれがある。

(1)については全車両、オイルクーラーホースとオイルクーラー配管を良品と交換する。(2)については全車両、ショックアブソーバ取付ボルトを正規トルクで締め付ける。

不具合発生件数は(1)が9件、(2)が41件で、いずれも市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • 改善箇所
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ