【スバル ルクラ 登場】ベースモデルとの差異

自動車 ニューモデル 新型車
ルクラL
ルクラL 全 4 枚 拡大写真
20日に発表されたスバルの新型軽自動車『ルクラ』『プレオ』は、ダイハツ『ミラ』『タントエグゼ』ベースのOEMモデルだが、フロントグリルやステアリングに付く“六連星オーナメント”以外の違いについて同社商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー・大崎篤氏は、こう話した。

「大きな違いは、ダイハツの『アジャスタブルパック』と呼ばれる一部オプションを、スバルは全グレード準装備としたこと。スバル側でいうチルトステアリング、運転席シートリフター、フロントシートベルト・ショルダーアジャスターの3点が標準で装備されるところが売りのひとつ」

ダイハツ車には「設定なし」のグレードもあり、スバル車のセールスポイントのひとつとなりそうな差別点だが、大崎氏は「もともとスバルとしては、こうした装備は快適装備として当たり前として標準で装備すると認識していて、差別化というわけではない」と話していた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ ムーヴ(2014年)
  • スバル・ルクラL
  • スバル・ステラ カスタムRS
  • スバル ルクラL
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真
  • Camel Autocyle 2020年型
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2010/04/21/139462.html/article/2010/04/21/139461.html/article/2010/04/21/139463.html