[写真蔵]スバル レガシィ、新型アイサイト搭載で装備充実

自動車 ニューモデル 新型車
レガシィ アウトバック 3.6R EyeSight
レガシィ アウトバック 3.6R EyeSight 全 30 枚 拡大写真
スバル『レガシィ』は18日より、最新の安全運転支援機能を備えた新型『アイサイト(ver2)』装着モデルを追加し販売を開始した。年次改良にともない仕様装備を見直し上質感を高めたレガシィ。「アウトバック 3.6R EyeSight」の詳細画像とともに新型の魅力を紹介する。

新型「アイサイト(ver2)」は、衝突手前で自動ブレーキを作動させる完全停止可能な「プリクラッシュブレーキ」、発進から停止までをスムーズに行う「全車速追従機能付クルーズコントロール」や、ペダル踏み違い事故を防止する「AT誤発進抑制制御」といった先進の安全運転支援機能を備える。これらの制御はルームミラー部分に取付けられたステレオカメラによって行われる。

このステレオカメラ自体は、先代レガシィや『エクシーガ』に搭載されてきた従来のアイサイト(ver1)と同じものだが、カバー部分の形状を見直し小型化することにより、より自然にインテリアに溶け込ませた。

「アウトバック 3.6R EyeSight」は、ユーザーからの要望が多かったというシルバールーフレールや、シルバー&クロームメッキドアハンドル、ハイラスター塗装17インチアルミホイールなど仕様装備を追加し、上級モデルらしい高級感を演出する。

このほか「Sパッケージ」、「Lパッケージ」の仕様を見直し装備を充実させたほか、全車にクルーズコントロールを装備するなど商品力を大幅に高めている。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ