ダイハツ タント、ミラ など5車種から燃料が漏れる

自動車 ビジネス 国内マーケット
タント
タント 全 5 枚 拡大写真
ダイハツ工業は10日、軽自動車『タント』『ムーヴ』『ミラ』『ムーヴコンテ』『ミラココア』計5車種の燃料装置に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2009年6月1日〜2010年3月5日に製作された11万7109台。

エンジンの燃料装置で、パルセーションダンパ(燃料圧脈動減衰器)の製造工程でダイヤフラムを傷つけたものがあり、燃料圧の脈動でダイヤフラムの傷から亀裂が生じ、燃料が漏れるおそれがある。

全車両、パルセーションダンパの製造番号を確認し、該当するものは良品に交換する。

不具合発生件数は9件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド
  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • メルセデスベンツS560
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ