[写真蔵]スバル インプレッサ WRX STI 4ドア…要望に応え復活

自動車 ニューモデル 新型車
インプレッサWRX STI 4ドア
インプレッサWRX STI 4ドア 全 30 枚 拡大写真
富士重工業は1日、スバル『インプレッサ WRX STI』に4ドアモデルを追加した。現行型のWRX STIは5ドアモデルのみだったが、市場からの要望に応え久々に4ドアセダンが復活した。特徴はやはり大型のリアスポイラーだ。

現行型のWRX STIはラリーでの走行性能を高めるため、リアオーバーハングを切り詰めた5ドアとして登場した。今回追加された4ドアは、オンロードでの空力性能に優れたロードスポーツとして位置づけられる。また、マイナーチェンジに伴い、4ドア、5ドアともに前後のコイルスプリング、スタビライザーの仕様を変更し、WRX STIとしての走りに磨きをかけた。

ボディサイズは全長4580mm×全幅1795mm×全高1470mm、ホイールベースは2625mm。5ドアと比べると全長のみ165mm延長されている。その他は同数値。セダンの「アネシス」をベースとしているが、大きく張り出しエッジを効かせたリアフェンダー、左右2本出しのデュアルマフラー、そして先代までのSTIを彷彿とさせるリアスポイラーがSTIらしい迫力を演出する。

《宮崎壮人》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ