BMWジャパン、ランニング・イベントの参加者に応じて寄付金を贈呈、世界遺産活動に

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
 
  全 6 枚 拡大写真
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、全国主要都市で行なわれたランニング・イベント「BMW EfficientDynamics Run Day」のイベントの成功を記念し、日本ユネスコ協会連盟にイベント参加者数に応じたチャリティーとして寄付金を寄贈した。

日本ユネスコ協会連盟で行なわれた贈呈式で、日本ユネスコ協会連盟に目録を手渡し、日本ユネスコ協会連盟からは同社に感謝状が贈られた。

ランニング・イベントのBMW EfficientDynamics Run Dayは6月27日の東京を皮切りに、福岡、広島、札幌、仙台、名古屋、大阪と全国7大都市で実施し、7会場合計で400人以上が参加した。

このイベントの成功した今回の寄付金は、日本ユネスコ協会連盟を通じ、主に1995年に世界遺産リストに登録された「フィリピン・コルディリェーラの棚田群」、1992年に世界遺産リストに登録されたカンボジア「アンコール」の保全活動や・人材育成活動に役立てられる予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ビー・エム・ダブリュー(BMWグループジャパン)代表取締役社長のアラン・ハリス氏
  • BMW・523dツーリング
  • BMW・X5 35d
  • BMW・320dツーリング
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV