市光工業、初の外国人社長が就任

自動車 ビジネス 企業動向
アリ・オードバディ新社長
アリ・オードバディ新社長 全 1 枚 拡大写真
自動車用ランプ大手の市光工業は、社長交代を発表した。新社長のアリ・オードバディ氏は同社にとって初の外国人トップとなる。

13日をもって河島一夫社長は一身上の都合により退任、同日付けでアリ新社長が就任する。

アリ新社長は、1960年生まれの49歳。1987年、独シーメンスの研究開発エンジニアとしてキャリアをスタート。1988年に仏自動車部品メーカーのヴァレオ社に入社した。研究開発プロジェクトマネージャーを経て、1999年ヴァレオ・グループ副社長中国担当、2007年ヴァレオ・ジャパン社長。2008年に市光工業の取締役に就任していた。

《土屋篤司》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HDライティングのヴァーチャルリアリティ
  • 「コミュニケーション ライティング」の実物大モックアップ
  • 8型HDカラーモニターと小型HDカラーカメラ
  • グレアフリーハイビーム
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV