スバル ルクラ 一部改良…NA・AWD車にCVT搭載

自動車 ニューモデル 新型車
ルクラ
ルクラ 全 1 枚 拡大写真
富士重工業は、軽乗用車スバル『ルクラ』のNA・AWD車にCVTを搭載し、10月26日から発売開始した。

ルクラはダイハツ工業の『タント・エグゼ』のOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。

今回の改良では、ルクラシリーズのNA、AWD車にCVT(自動無段変速機)を搭載し、燃費を21.0km/リットル(10・15モード)に向上した。これによってNAモデルは、従来の2WD車に加えAWD車を含む全車がエコカー減税の対象となった。

また、グレード体系を変更、「ルクラ」、「ルクラ・カスタム」ともに、3グレードづつ全6グレードで展開とし、全グレードに2WD車とAWD車を設定した。

ルクラのNA、AWD車には、14インチタイヤと新デザインの14インチフルホイールキャップを採用した。

価格はルクラのL、2WDが122万5750円。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ ムーヴ(2014年)
  • スバル・ルクラL
  • スバル・ステラ カスタムRS
  • スバル ルクラL
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2010/10/26/146966.html/article/2010/10/26/146965.html/article/2010/10/26/146982.html