【SEMA10】レクサス HS250h…退屈なハイブリッドと呼ばせない

自動車 ニューモデル モーターショー
VIP AUTO SALONが手掛けたHS250hのカスタムカー
VIP AUTO SALONが手掛けたHS250hのカスタムカー 全 3 枚 拡大写真
米国トヨタ販売は、2日にラスベガスで開幕するSEMAショーに、レクサス『HS250h』のカスタムカーを出品する。

このカスタムカーは、「VIP AUTO SALON」が手がけた1台。前後アンダースポイラー、サイドスカート、トランクスポイラーをセットした「BRANEW」ブランドのエアロスタイルパッケージによって、迫力のフォルムを手に入れた。

足元には、20インチのアルミホイールを装着。日本仕様向けにオプション設定されるウインドウバイザーを組み込むなど、小技も効かせる。

レクサス初のハイブリッド専用車として投入されたHS250h。ちょっと目立たないこのモデルが、「VIPカー」流カスタムで存在感を増したのは確かだろう。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GRスープラ3000GTコンセプト(SEMA 2019)
  • 日産 グローバルタイムアタック TT 370Z
  • トヨタGRスープラ・パフォーマンスライン・コンセプト
  • 「Best New Tire Winner」を受賞した「GEOLANDAR X-AT」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ